低金利でキャッシング

トップページ > 低金利でお金を借りるなら

大手消費者金融の金利を比較!低金利でキャッシングできるカードローンランキング

1位 プロミス「実質年率17.8%・大手消費者金融では低金利」

  • 10万円を30日間利用した場合は……利息は1,463円

プロミスは大手消費者金融の中では、最も低金利といえる「実質年率17.8%」です。他社は「18.0%」なので、わずかな差ですが、実際に「他社より低い金利」で、お金を借りる事ができます。また、最大30日間の「無利息期間」があります。つまり借入れ金利ゼロ%でキャッシングできるサービですね。

キャッシングは「金利」と「返済期間」によって、総合的な返済額が変わります。金利が少しでも低く、そして返済期間を短くできればできる程、最終的に支払う利息が少なくなります。カードローンを選ぶ時に「すぐにお金を借りる事ができる」事ばかりを気にしがちです。でも必ず借りたお金は「返済する」ものです。返済を考えると、利息が低いプロミスが最も負担が少ないという事になります。

2位 アコム「実質年率18.0%」

  • 10万円を30日間利用した場合は……利息は1,479円


アコムもアイフルも実質年率は18.0%と同じです。アコムを2位にあげたのは、プロミスと同じく「無利息」、金利ゼロのサービスが設定されているからです。初めて利用する人に限りますし、細かな規定があるのですが、とにかく「金利がゼロ円」のサービスがあるので、上手に利用するとお得です。

もうひとつのメリットは、アコムは「契約の年数に応じて、金利の見直しを行う」としています。ある程度の返済の実績ができたら、アコムに連絡をしてみると、金利引き下げの可能性が出てきます。ただし最低金利が4.7%と若干高め、プロミスと同じく借り入れの限度額は500万円ですが、500万円を借りた場合にはプロミスやアイフルよりも金利が高くなります。

3位 アイフル「実質年率18.0%」

  • 10万円を30日間利用した場合は……利息は1,479円


アイフルも実質年率は18.0%です。最低実質年率は4.5%です。

消費者金融の金利は、18.0%と思っていれば間違いない
消費者金融の金利は、18.0%と思っていれば間違いない

大手の消費者金融では、プロミスがわずかに金利を低く設定していますが、おおむね「18.0%」と思っていて間違いありません。

よくあるのが、「金利パーセント~パーセント」という表示です。ついつい、低い金利、例えばプロミスでも4.5%から17.8%となっていて、「おっ! 4.5%なんて銀行並みだな」と思ってしまいます。でも、実際にはこの低金利は、借りる金額の大きさによって変化します。

プロミスのお金を借りる限度額は上限が500万円ですが、500万円を借りた場合には4.5%が適用されます。しかし、実際に消費者金融で「500万円まで借りる」事はなかなかありません。 一般的には、消費者金融を最初に利用する際には、最大金利、つまり18.0%が適用される事がほとんどでしょう。これが、お金を借りる枠が100万円まで増えた場合、貸金業法により「必ず金利は15%」にまで下がります。これは法律なので強制的です。

1万~100万 実質年率金利18.0%前後
100万~  実質年率金利15%

では、そこからはどうしたら「低金利」になるのでしょうか? 金利を下げてもらうには、自分で交渉するしかありません。きちんと延滞なく返済をしていると、場合によっては消費者金融の方から連絡をしてきます。 「あと30万円程借り入れ枠を増額する事ができますよ。しかも金利も現在の18.0%から17.5%にします」 こんな営業の電話がくる事も確かにあります。

しかし、こうした連絡が来ない場合でも、自分から「金利を下げて欲しい」と連絡しても一向に構いません。例えばアコムは、「契約年数に応じて、個別に対応する」と金利の引き下げにも前向きな姿勢を見せています。

金利と関係するのは「返済能力の信頼度」と「審査」

基本的に最初に消費者金融を利用する時は最大金利、つまり18.0%の金利が適用されます。これは、まだ「実際にお金を借りて、きちんと返した」という実績がなく、信頼性が分からないからです。アコムの言うところの「契約年数に応じて」というのも、それだけ「返済する実績を伴えば」お金をきちんと返済してくれる信頼性が高いと評価し、金利を低くする可能性はあるという事でしょう。返済してもらえるかどうか、リスクが高い人ほど、金利も高くなるわけです。

消費者金融は、無担保無保証ですから、お金を返してもらえなければ損をするのは消費者金融です。それだけに、高い金利をつけて、お金を貸すわけです。 その「信頼性」を調べるのが、金融会社の審査です。銀行の審査は厳しいのですが、詳しく調べて「リスクの低い人」だけにお金を貸す事で、金利を低くしているのです。カードローンの金利は高く感じます。でも、その分審査が甘く、誰でもすぐにキャッシング出来るというメリットがあるわけです。

大手消費者金融の金利――実は銀行の金利と大差ないって知ってた?

よく言われるように「銀行の方が金利が低い」のは事実です。しかし、それは銀行が大きな金額のお金を貸すからです。プロミスでも、500万円だと金利が4.5%というのと同じ事なんですね。実は銀行でも、例えば20万のカードローンをした場合には、その金利は消費者金融よりも多少安いという程度です。申込が簡単な銀行のカードローンは、年率15%前後です。消費者金融の18.0%よりは確かに低いのですが、その分審査も厳しいので、

  • 今すぐにお金を借りたい
  • 審査が甘い金融機関でなんとしてもお金を借りたい
  • 他社からも借り入れをしているが、どうしてもお金が必要

銀行と消費者金融では、審査に通る確率が明らかに違います。絶対にお金を借りたい!というのなら、やはり消費者金融が一番スピーディーにお金を借りる事が出来ると言えるでしょう。

オススメランキング

プロミス

プロミス
スマホから申し込みOK!最短で即日融資が可能
>>公式サイト

モビット

モビット
WEB上で完結、スピーディーな借り入れが可能
>>公式サイト

コンテンツ

すぐに借りたい(即日審査)なら

低金利でお金を借りるなら

土日にお金を借りるなら

審査が早いのは

スマホで借りるなら

今すぐ5万借りるには?

今すぐ10万借りるには?

今すぐ20万借りるには?

今すぐ30万借りるには?

今すぐ50万借りるには?

今すぐ60万借りるには?

今すぐ80万借りるには?

今すぐ100万借りるには?

ブラックで借りれる?

審査が甘い消費者金融とは?

主婦でもお金を借りられる?

フリーターでもキャッシング可能?

消費者金融の審査とは

信用情報機関って何?

総量規制ってどういうこと?

アコム

プロミス

モビット

アイフル

今すぐ3万円借りたい…

無利息の消費者金融

アコムの即日融資と審査

プロミスの申し込み~借り入れまで

モビットのWEB申し込み

アイフルでお金を借りる手順

審査なしでお金を借りられる?

キャッシングの審査内容

カードローンの在籍確認とは

キャッシング方法を比較

審査に通る通らないの違い

消費者金融の金利や利息

お金を借りた後の返済方法は?

初めてのキャッシング

キャッシング限度額・借入枠を増やすには?

消費者金融の「仮審査・一次審査」って何?

借金地獄にならない為の利息の知識

急な出費を乗り切るための方法

クレジットカードでお金を借りると損?消費者金融が優れている理由

借金あるある体験談

地獄の借金返済!利息の罠にハマった私

親の借金返済のため極貧生活…。

馬鹿な私!エステのローンで150万借金

恐怖の借金取り立て屋!親の借金返済

消費者金融カードローン負の連鎖で高額借金

家族でキャッシング利用中~上手く返済して活用~

キャッシングの醍醐味はいつでもどこでも使える事

夜遊びしすぎていた時に利用

趣味の車にキャッシングを利用しまくり

今や『ブラック』扱いの私が借金した理由は・・

『完全対面方式』と『低額融資』のキャッシング

ブラックリストでもお金は貸してくれる?

多重債務者からの脱出~ギャンブルの借金を返済~

多重債務者になるまでの道のり~キャッシング限度額超え~

新卒社会人の転落~ギャンブルにはまりキャッシング~

消費者金融は地獄~家賃滞納の常習犯が借金脱却する~

宝くじ100万円当選でもダメ~ローン返済と借金の私~

悲報!家賃値上げしました~借金を抱えた三十路女~

自由業は基本現金払い~水商売がクレジットカード破産~

漫画家のクレジットカード生活終了~全額返済&カード破棄~

私が利用した『対面方式』のサラ金を紹介~完済する方法~

借金体質の友達~サラ金にキャッシングまでして助けたら~

私の借金エピソード~信用情報ブラックの人間~

消費者金融で150万円借りた人~滞納の電話が3社から~

最終更新日:2016年10月31日