信用情報機関とは

トップページ > 信用情報機関って何?

消費者金融でお金を借りるには、当然の事ながら「審査」があります。

  • 返済能力はあるか
  • いくらまでなら貸せるか
  • きちんと返済できるだけの信用性があるか

即日融資でスピーディーなキャッシングができる消費者金融でも、審査自体は「最短30分」だとしても、あなたの情報はきちんと調べているわけです。

信用情報機関とは

信用情報機関とは

信用情報機関とは

簡単に言うと、クレジット会社や信販会社、ローン会社、金融機関などが「いつ、どこで、いくら借りて、きちんと返済しているかどうか、延滞していないか」といったような情報を集めて、それを管理している機関です。要するに「金銭にまつわる、あなたの信用度(きちんと借入れ返済しているかどうか)」がわかる情報機関です。カードローンを利用しようとすると、まず消費者金融会社ではこの「信用情報」を必ず確認します。ちなみに日本では、いくつかの機関があります。

信用情報機関の種類

(1)全国銀行個人信用情報センター

銀行や信金系金融会社の信用情報

(2)株式会社シー・アイ・シー

信販会社の信用情報

(3)株式会社日本信用情報機関

消費者金融系の信用情報

この中で(3)の日本信用情報機関が、「お金を借りたい!スグにキャッシングしたい!」という人にとって重要なポイントになります。

キャッシングの申込をした時の「審査」と信用情報機関

もし、あなたがキャッシングの申込をしたとします。するとまず、消費者金融ではあなたの様々な情報を収集します。消費者金融会社の記録を管理している、(3)の株式会社日本信用情報機関から、以下のような事を調べます。

(1)利用者の個人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所や電話番号
  • 勤務先の情報など

(2)利用者の借入の状況

  • 他社(消費者金融)との契約状況
  • 借り入れしている金額
  • 返済の回数
  • 支払いの残額
  • 返済日

(3)利用者の事故情報

  • 3ヶ月以上にわたる延滞(返済が遅れている)
  • 自己破産や個人再生の過去

この中でも消費者金融が重要視するのは、(3)の利用者の事故情報といわれています。いわゆる「ブラック」というのは、この利用者の事故情報が非常に悪い場合、例えば長期にわたって半年以上の延滞を続けている、過去に自己破産をしているといった事です。

ブラックリストに名前が載っていれば、消費者金融側としては、「この人にお金を貸しても、返済してくれないかもしれない」というリスクを負う事になります。事故情報が信用情報機関に残っている場合には、キャッシングの審査は非常に厳しくなると言わざるを得ません。

信用情報機関の気になるポイントは……
〝ブラック情報は3つの機関が共有している〟

銀行系や信販カード系、消費者金融系と3つある信用情報機関ですが、キャッシングの申込みをした場合に、全ての機関に情報を問い合わせるわけではありません。金融会社によってはその内「信販系と消費者金融系」に加盟して、審査の時点で、両方の情報を確認している所もあります。消費者金融なら、消費者金融系の信用情報だけをチェックする場合が多いようです。

ただし、注意すべきポイントがあります。それは『事故情報=ブラックリスト』は、例えば利用しようとしている消費者金融が登録していない信用情報機関でも、それを照らし合わせる事は可能だという点です。長期の延滞などの「返済できていない・返済できなかった」マイナスの情報に限っては、その機関に加盟していなくても確認する事ができます。

もし、過去に信販系カードでショッピングローンを利用して、半年以上延滞していた、とします。消費者金融では、キャッシングの申込みがあれば、まず消費者金融向けの信用情報機関の内容を調べます。しかし、場合によっては、消費者金融会社が登録していなくても、信販系や銀行系の「ブラックリストの情報」だけは、確認する事が出来るわけです。ですから、「ショッピングローンで半年以上延滞している」事故情報はわかってしまう可能性が高いという事になります。

通常は3ヶ月以内の延滞なら事故情報として登録されませんし、中には4~5ヶ月でも掲載されていないケースもあります。自己破産は大きな事故情報ですが、5年で消えている場合もあれば、7年たってもまだその情報が残っている場合もあります。その辺りは金融会社や信販会社によって「事故情報」として載せる独自のルールがあるようです。いずれにしても、ブラックの情報は、消費者金融以外であった場合にも、「そのブラック情報は知られている」と考えた方が良いでしょう。

信用情報機関に登録されている「自分の情報」はわかる!

この信用情報機関に登録されている自分の情報は、確認する事ができます。これを「情報の開示」と言います。複数の消費者金融からキャッシングしている場合、過去に延滞があった人や自己破産をした事がある人で、「今、自分の情報はどうなっているのか」気になる場合もあるでしょう。消費者金融からお金を借りたいが、「審査が通るかどうか」「過去の記録がどうなっているか」を事前に知る事で、安心できます。

  • 携帯電話やスマホから申込をして、情報を郵送してもらう
  • サイトの開示申込書作成フォームを利用して、郵送で開示してもらう
  • 窓口では本人確認書類を自賛すれば、その場で開示して見る事ができる

手数料が500円から1,000円かかります。ただ、過去の自分の取引記録に不安がある人は、この「情報開示」を先にしておく事で、キャッシングの審査を通す前に不安を解消する事ができます。

オススメランキング

プロミス

プロミス
スマホから申し込みOK!最短で即日融資が可能
>>公式サイト

モビット

モビット
WEB上で完結、スピーディーな借り入れが可能
>>公式サイト

コンテンツ

すぐに借りたい(即日審査)なら

低金利でお金を借りるなら

土日にお金を借りるなら

審査が早いのは

スマホで借りるなら

今すぐ5万借りるには?

今すぐ10万借りるには?

今すぐ20万借りるには?

今すぐ30万借りるには?

今すぐ50万借りるには?

今すぐ60万借りるには?

今すぐ80万借りるには?

今すぐ100万借りるには?

ブラックで借りれる?

審査が甘い消費者金融とは?

主婦でもお金を借りられる?

フリーターでもキャッシング可能?

消費者金融の審査とは

信用情報機関って何?

総量規制ってどういうこと?

アコム

プロミス

モビット

アイフル

今すぐ3万円借りたい…

無利息の消費者金融

アコムの即日融資と審査

プロミスの申し込み~借り入れまで

モビットのWEB申し込み

アイフルでお金を借りる手順

審査なしでお金を借りられる?

キャッシングの審査内容

カードローンの在籍確認とは

キャッシング方法を比較

審査に通る通らないの違い

消費者金融の金利や利息

お金を借りた後の返済方法は?

初めてのキャッシング

キャッシング限度額・借入枠を増やすには?

消費者金融の「仮審査・一次審査」って何?

借金地獄にならない為の利息の知識

急な出費を乗り切るための方法

クレジットカードでお金を借りると損?消費者金融が優れている理由

借金あるある体験談

地獄の借金返済!利息の罠にハマった私

親の借金返済のため極貧生活…。

馬鹿な私!エステのローンで150万借金

恐怖の借金取り立て屋!親の借金返済

消費者金融カードローン負の連鎖で高額借金

家族でキャッシング利用中~上手く返済して活用~

キャッシングの醍醐味はいつでもどこでも使える事

夜遊びしすぎていた時に利用

趣味の車にキャッシングを利用しまくり

今や『ブラック』扱いの私が借金した理由は・・

『完全対面方式』と『低額融資』のキャッシング

ブラックリストでもお金は貸してくれる?

多重債務者からの脱出~ギャンブルの借金を返済~

多重債務者になるまでの道のり~キャッシング限度額超え~

新卒社会人の転落~ギャンブルにはまりキャッシング~

消費者金融は地獄~家賃滞納の常習犯が借金脱却する~

宝くじ100万円当選でもダメ~ローン返済と借金の私~

悲報!家賃値上げしました~借金を抱えた三十路女~

自由業は基本現金払い~水商売がクレジットカード破産~

漫画家のクレジットカード生活終了~全額返済&カード破棄~

私が利用した『対面方式』のサラ金を紹介~完済する方法~

借金体質の友達~サラ金にキャッシングまでして助けたら~

私の借金エピソード~信用情報ブラックの人間~

消費者金融で150万円借りた人~滞納の電話が3社から~

最終更新日:2016年10月31日