キャッシングの審査内容

キャッシングの審査内容

キャッシングの審査内容

カードローンの審査は各社で基準に違いがあり、それらは公表されていないので、「これなら審査通過間違いなし!」や「この状況なら絶対落ちる!」といったことは言い切れません。

しかし、どのカードローンでも審査する内容はある程度共通しており、自分が審査で有利な状況か不利な状況かくらいはなんとなく分かります。

何が審査されるの?

例えばインターネットから申込む場合、基本的に以下のようなことを入力します。

<お客様情報>

・年齢
・住所
・連絡先
・健康保険証の種類

<自宅情報>

・住居形態
・居住年数
・家賃や住宅ローンの有無
・家族構成
・固定電話の有無

<勤務先情報>

・勤務先名
・住所
・電話番号
・社員数
・事業内容
・入社年数
・勤務形態
・職種
・年収
・収入形態

<他社借り入れ状況>

・借入れ件数
・借入れ金額

個人情報

まず「個人情報」ですが、各カードローンでは下限年齢と上限年齢を設定しています。あまり上限年齢に近い年齢であれば、審査はやや不利になるでしょう。

自宅情報

同居人の有無、子供の有無といったことや、家賃などの負担があるのか、持ち家なのかといった事も審査に影響します。

これは、例えば子供がいれば養育費がかかりますし、賃貸にお住まいということであれば、毎月家賃を払う必要があるなど、申込み者の経済状況がある程度分かるからです。

住宅ローンが残っていたとしても、賃貸よりも資産を保有していることになるので、審査では有利になります。

カードローンなどの審査では、「勤続年数」や「年収」などが気になりがちですが、「ダメもとで申込んだら審査に通過できた」といった方は、この自宅情報の状況が良かったというケースが考えられます。

勤務先情報

審査で自分が有利か不利かが比較的分かりやすいのが勤務先情報でしょう。

融資はアルバイトよりも正社員の方が有利、年収200万円より500万円の方が有利、勤続年数は長い方が有利ということにはなります。しかし、だからといって年収の低いアルバイトの方が絶対審査に通らないというわけでもありません。それ以外の情報と合わせての審査になるのです。

他社借り入れ状況

申込み内容でもっとも重要ともいえるのが、「他社借り入れ状況」になります。消費者金融系カードローンの場合、総量規制の対象になるので、年収の3分の1に近い金額をすでに借りている状態なら法的に貸せない状況になるので審査落ちの可能性は高いといえます。

信用情報チェックされる

申込み内容を入力し送信した後、カードローン会社は信用情報機関に問い合わせ、申込み者の今までのローンの利用状況を確認します。

・どういったローンを契約したか
・ローンをどの程度利用したか
・毎月きちんと返済してきたか
・どういったローンを申込んだか(審査に落ちたか)
・延滞や債務整理などの「事故」があるか

といったことが信用情報機関で確認されます。事故があった場合は「ブラック」とよばれ、審査はちょっと厳しい状況になります。

逆にローン利用が全くなく、情報がまっさらな状態は「ホワイト」とよばれ、20歳くらいであればそれも当然ですが、30代~40代でクレジットカードも何も使ったことが無いというのは逆にちょっと怪しいということになり、審査で不利になる可能性があります。

嘘の申告はばれる?

・勤務先
・他社借入れ状況

まず、勤務先はカードローン担当者が実際に勤務先に電話をかけて「在籍確認」を行うので、嘘をつけばばれる可能性があります。

他社借入れ状況も信用情報機関で正確な情報を得ることができるので、審査に通過したいあまり嘘を申告してしまえば、それが逆に審査落ちする要因となってしまう場合もあります。

それ以外のこと、例えば年収などは実際に確認のしようがありません。しかし、年齢や勤務先である程度の年収を推測することが可能なので、不自然に高額な年収であれば、嘘はばれてしまうでしょう。

年収は多少であればサバ読みも可能でしょうが、ちょっと自分の年収を多めに申告したことで審査が有利になるとも考えにくいです。

カードローンの申し込みで申告する内容は、全て正直に申告するというのが基本的にはベストといえるでしょう。

審査で有利な状況とは

申告内容や信用情報、全てを照らし合わせながら審査が行われます。

お金を借りる際の審査に有利な状況としては、例えば家賃や養育費などの負担がなく、今までクレジットカードなどの利用に問題がなく、ある程度勤続年数があり、今後も継続して仕事をするだろうというような状況といえるかもしれません。

しかし、申込み者の全てが上記のような状況ではないでしょうし、十人十色です。審査で通過する状況と落ちてしまう状況の境界線がどの状況かというのは誰にも分からないのです。

なるべく申込み回数は増やさない

信用情報機関では申込み者が「ブラック」や「ホワイト」といったことが分かると書きましたが、実はもうひとつ「申込みブラック」とよばれるものもあります。

信用情報機関では6ヶ月以内に「どういったローンを申込んだか(審査に落ちたか)」というのも確認されます。一般的に3回以上申込んでいるにもかかわらず、契約していない(審査に落ちている)となると、新規で審査するカードローン側としては「怪しい」という判断になってしまいます。

ですので、なるべく審査に通過しやすいカードローンを選ぶということも重要なのです。

審査に通過しやすいカードローンとは?
カードローンもいろいろ種類がありますが、消費者金融系カードローンであれば、大手のカードローンのなかでは最も利用しやすいといわれています。

「審査が不安」、「あまり申込み回数を増やしたくない」といった方には消費者金融系カードローンがおすすめです。

オススメランキング

プロミス

プロミス
スマホから申し込みOK!最短で即日融資が可能
>>公式サイト

モビット

モビット
WEB上で完結、スピーディーな借り入れが可能
>>公式サイト

コンテンツ

すぐに借りたい(即日審査)なら

低金利でお金を借りるなら

土日にお金を借りるなら

審査が早いのは

スマホで借りるなら

今すぐ5万借りるには?

今すぐ10万借りるには?

今すぐ20万借りるには?

今すぐ30万借りるには?

今すぐ50万借りるには?

今すぐ60万借りるには?

今すぐ80万借りるには?

今すぐ100万借りるには?

ブラックで借りれる?

審査が甘い消費者金融とは?

主婦でもお金を借りられる?

フリーターでもキャッシング可能?

消費者金融の審査とは

信用情報機関って何?

総量規制ってどういうこと?

アコム

プロミス

モビット

アイフル

今すぐ3万円借りたい…

無利息の消費者金融

アコムの即日融資と審査

プロミスの申し込み~借り入れまで

モビットのWEB申し込み

アイフルでお金を借りる手順

審査なしでお金を借りられる?

キャッシングの審査内容

カードローンの在籍確認とは

キャッシング方法を比較

審査に通る通らないの違い

消費者金融の金利や利息

お金を借りた後の返済方法は?

初めてのキャッシング

キャッシング限度額・借入枠を増やすには?

消費者金融の「仮審査・一次審査」って何?

借金地獄にならない為の利息の知識

急な出費を乗り切るための方法

クレジットカードでお金を借りると損?消費者金融が優れている理由

借金あるある体験談

地獄の借金返済!利息の罠にハマった私

親の借金返済のため極貧生活…。

馬鹿な私!エステのローンで150万借金

恐怖の借金取り立て屋!親の借金返済

消費者金融カードローン負の連鎖で高額借金

家族でキャッシング利用中~上手く返済して活用~

キャッシングの醍醐味はいつでもどこでも使える事

夜遊びしすぎていた時に利用

趣味の車にキャッシングを利用しまくり

今や『ブラック』扱いの私が借金した理由は・・

『完全対面方式』と『低額融資』のキャッシング

ブラックリストでもお金は貸してくれる?

多重債務者からの脱出~ギャンブルの借金を返済~

多重債務者になるまでの道のり~キャッシング限度額超え~

新卒社会人の転落~ギャンブルにはまりキャッシング~

消費者金融は地獄~家賃滞納の常習犯が借金脱却する~

宝くじ100万円当選でもダメ~ローン返済と借金の私~

悲報!家賃値上げしました~借金を抱えた三十路女~

自由業は基本現金払い~水商売がクレジットカード破産~

漫画家のクレジットカード生活終了~全額返済&カード破棄~

私が利用した『対面方式』のサラ金を紹介~完済する方法~

借金体質の友達~サラ金にキャッシングまでして助けたら~

私の借金エピソード~信用情報ブラックの人間~

消費者金融で150万円借りた人~滞納の電話が3社から~

最終更新日:2016年10月31日