お金を借りる

プロミススマホ申し込みOK!最短で即日融資が可能

審査時間:最短30分

無利息期間あり(条件あり)

パート・アルバイト可

プロミス
実質年利 4.5%~17.8% 融資限度額 500万
即日融資受付時間 平日14時までにWEB契約完了 審査時間

最短30分

土日対応 スマホ完結 可能(出来ない場合もアリ)
収入証明書の提出 50万以上の場合のみ 口コミ平均点 5点

5点 女性 40歳代 会社員
とにかくすぐにお金が必要だったのですが、Webでの申込み方法も簡単でわかりやすかったです。ネット上で申込み作業をして、心配だった会社の在籍確認も個人の名前でやってくれるとの事で一安心、身分証明書も写メして送るだけで簡単! 結局審査の結果が出るまで1時間もかかりませんでした。

とにかくこのスピーディーさが他社との大きな違いです。ハッキリ言って消費者金融でお金を借りなくちゃならない時って「今すぐお金が必要」って時でしょ?他社でも早さをウリにしている所はありますが、プロミスはホントに実際に早いです。

5点 男性 30歳代 自営量
自営業なので審査が通るか不安だった。借入額も希望どおりに通ったのでホッとしています。申込み方法が簡単で、しかも審査結果がすぐに出るからヤキモキしなくてすみます。

お金の問題って「まだかな、大丈夫かな」と待つ時間がキツい。その点、プロミスはお金を借りられるかの審査も早いから、万が一ダメって場合でも次の手段も考えられる。だからまずプロミスから試してみるといいと思う。あと返済に一度遅れてしまったんですが、電話での催促も丁寧でした。巷で聞くようなイヤな思いをしなかったです。

5点 女性 30歳代 主婦(パート)
30代のパート主婦ですが審査に通りました。たまたま今月はきつくて塾代が払えず、次の給料日まで先延ばしにするのもイヤだったので初めて使ってみたんです。実は他社にちょっと問い合わせたくて電話をしたのですが、夫の収入などこちらがまだ申込みするとは言っていない時点から聞いてくるので不安になりました。プロミスは対応も良かったですよ。後から「30日間無利息」なのを知り、給料日が2週間後だったので全く損することなく急場をしのげました。

4点 男性 20歳代 会社員
他社にも借入があるのでダメかなと思ったが審査が通った。審査から結果まで最短1時間となっているが、実際にはもうちょっとかかった。それでも当日中にお金を借りる事ができたので良かった。他社に借入があると最短時間というわけにはいかないのかも。

モビットWEB上で完結、スピーディーな借り入れが可能

審査時間:最短30分

モビットローン申込機で即日カード発行可能

お試し審査10秒

モビット 新規申込プロモーション
実質年利 3.0%~18.0% 融資限度額 800万
即日融資受付時間 平日14時まで 審査時間

最短30分

土日対応 スマホ完結 ×
収入証明書の提出 必要 口コミ平均点 3.5点

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※10秒で簡易審査結果表示は、事前審査による結果表示となります。

4点 男性 20歳代 契約社員
電話もしなくてすべてネット上でできちゃうのがいい。来店も必要ないし、電話もしなくていい。何より会社に在籍確認の電話をしないのが助かる。うちの上司は敏感で、個人名でも「なんとなく匂う」みたいで、他の社員に個人名の電話がきた時に取り次いだみたいで「なんだ今の電話は?」とか聞いてたりしてたんで。会社の人に消費者金融使ってるのは絶対にばれたくないでしょ。ただ、モビットの契約機ってなんか入りづらいというか、けっこう目立つからなんとなく人に見られているような気がするのがちょっとね……。

3点 男性 30歳代 会社員
三井住友銀行グループという事で信頼できるかんじはある。だけど他社によくある「無利息」の期間設定がないのがマイナス。特に自分のように給料日前にちょっとだけ借りて、それで次の給料日には返せる、なんていう場合には無利息サービスがあるところは魅力だから。でも会社の在籍確認がたとえ個人名でもイヤだったので、モビットだとWEB完結申込みなら職場への電話もないので利用しました。

アイフル即日融資を希望する人にお勧め

審査時間:最短30分

融資スピード最短1時間

お試し審査1秒

アイフル
実質年利 4.5~18.0% 融資限度額 500万
契約ルーム受付 8時~22時まで 審査時間

最短30分

土日対応 スマホ完結
収入証明書の提出 50万以上の場合のみ※ 口コミ平均点 3点

※次に該当する場合は収入証明書が必要です。
(1)アイフルの利用限度額が50万円を超える場合
(2)アイフルの利用限度額と他の貸金業者からの借り入れ合計額が100万円を超える場合

3点 女性 20歳代 
派遣社員 女性専用のカードローンがあります。
オペレーターの対応も女性で優しい感じでとても良かった。契約もスムーズにできて、すぐにお金が必要だったので本当に助かりました。

3点 男性 20歳代 会社員
とりあえず、「借りられるかどうか」すぐに判断できる「1秒診断」があるのは便利。それで本審査が通らない人もいるらしいけど。自分は問題なく通りました。社会人になって2年程度で超零細企業だけど、そういうのも問題にならなかったみたい。友達の結婚式で思った以上にお金を使ってしまい、月末までどうしようかと思ったけど助かりました。

アコム審査通過率が高く、借入し易い

審査時間:最短30分

最大30日間金利 0 円

>>アコム公式サイト
アコム
実質年利 4.7%~18.0% 融資限度額 500万
即日融資受付時間 平日14時まで 審査時間

最短30分

土日対応 スマホ完結 ×
収入証明書の提出 必要 口コミ平均点 4点

5点 女性 20歳代 派遣社員
銀行の子会社という点で安心して利用できました。審査の回答も1時間はかからなかったかな。早くて簡単だなぁと思いました。実際に借りてみて、返済などもATMがたくさんあってどこでもできるので便利に感じます。コンビニも利用できるし。アコムは審査が少し通りづらいという口コミも見ましたが、そんな事ありませんでしたよ。

4点 男性 30歳代 会社員
早くて簡単で便利。まさに消費者金融って感じ。オペレーターはマニュアル通りの対応だけど、機械的な方がこっちも気が楽です。全国を営業で回っていますが、どこの地方にでもATMがあるのはとても便利だと思う。営業なのか?返済が遅れているわけでもないので電話があって最初はなんだと思ってビックリした経験はあり。

3点 男性 50歳代 自営業
個人事業主でとにかく急いで仕入れのお金が必要だったので駆け込んだ。審査も通ってすぐにカードができてお金も借りられたおかげで何とかなりました。ただ、金利はやっぱり少し高いかな。あと他社からの借入がひとつ小額なんですがあったんですが、これについてはけっこう根掘り葉掘り聞かれた感じです。でもとりあえず希望額には届かなかったが、結果的に当日中にお金も借りられたので良かったです。

消費者金融でお金を借りる方法は……

お金を借りるまでの流れ

(1)申込み

  • 契約機や窓口、電話、インターネット上で申込みができる
  • ネット上では24時間申込みOKの所もあり。

 

(2)手続き

  • 審査に必要な書類を提出
  • 郵送やファックスの他、写メで送る、メール添付などでも対応

 

(2)審査

  • 審査は短いところなら30分から1時間 長くても1日程度でスピーディー
  • 個人名だが、会社等に在籍確認の電話を入れる会社がほとんど

 

(3)融資

  • 審査が通ればすぐに指定口座に振り込まれる
  • 契約機ではその場でカードができ、そのまますぐにお金が借りられる
  • カードは郵送してもらう事もできる

 

お金を借りるのに必要なもの

  • 本人確認ができるもの(免許証など)
  • 収入証明書(源泉徴収表や確定申告の書類、中には直近の氏名入り給与明細などでOKの場合も)

 

メリットとデメリット

メリットは「簡単でスピーディー」な事です。一般的にお金を借りるには、様々な手続きと書類が必要になりますが、消費者金融では身分証明書のみという所もたくさんあります。特に小額なら問題ありません。「即日融資」はほとんどの消費者金融で実施されています。

 

中には1時間以内に対応してくれるところも。デメリットはやはり金利が銀行などと比べると多少高いことでしょう。無利息サービスがある消費者金融、例えばプロミスやアコムなら上手に利用すると全く損をしない事もあります。

 

銀行カードローンでお金を借りる方法

お金を借りるまでの流れ

(1)銀行窓口で相談

  • 融資相談の窓口等で相談をする
  • 郵送でパンフレットと申込書を取り寄せる事もできる

 

(2)手続き

  • 申込みの条件にあてはまれば必要な書類を説明されるので、それらを準備する
  • 申込書に記入して、必要書類を揃えて窓口で提出
  • ここまで郵送でできる所もある。

 

(3)審査

  • 数日のところもあるが、だいたい1週間前後、中にはもっとかかる場合もある
  • 結果の連絡後、本契約をしに再び窓口へ行く

 

(4)本契約

  • 書類を提出し、確認をもらう
  • 審査までは郵送でできる銀行もあるが、本契約は銀行窓口で行うケースがほとんど。

 

(5)融資

  • 融資してもらう銀行口座への入金がは契約後、数日~1週間、金額によってはもっとかかる場合も。

 

お金を借りるのに必要なもの

  • 収入証明書(源泉や給与明細など)
  • 身分証明書(免許等)
  • 税金などの納付証明書が必要な場合もある
  • 融資先の銀行に口座を開設しなくてはならないケースがほとんど

 

メリットとデメリット

銀行でお金を借りるメリットの第一は「安心感・信頼性」です。そして何より金利が低いことです。ただ、最近は銀行でも審査を多少ゆるくして、そのかわりに「金利は高い」という融資の商品も増えています。一般的にはお金を借りるまでの信用審査は厳しく、通常のローン(車や家など)の額なども細かく聞かれる事がほとんどです。

 

何と言っても融資までに時間がかかるのが一番のデメリット。窓口で相談してから実際の融資まで2週間以上かかることも珍しくありません。今すぐにお金が必要であれば、消費者金融のほうが素早い対応で便利です。

 

国・市役所などでお金を借りる方法

お金を借りるまでの流れ

自治体や窓口、融資の種類によって違います。基本的にはまず役所などの融資窓口で相談にのってもらい、必要な書類をもらいます。かなり詳細な情報を記入しなくてはならない場合がほとんどですし、最近は減りつつある「連帯保証人」も国や役所関係では必要となるケースがいまだに多いようです。その後審査があり、連絡がきて、今度は本契約となります。その場でお金を渡されることはなく、指定の口座への入金となります。

 

お金を借りるのに必要なもの

  • 収入証明書
  • 身分証明書
  • 納税証明書(特に国や公的機関の場合は税金の未納があると融資制度そのものが使えない)
  • 使途の説明書(融資によっては、借りたお金を何に使うのかを明記したものや、見積書、納付書等がないとダメな場合も多い。例えば「学費」に使うなら、学費の入金先が明記されたものや納付書を添付したり、融資自体も直接その振込先に振り込まれるといった場合もある)

 

メリットとデメリット

メリットは、国や役所という公的団体から借入れる安心感です。特に金利については安く、収入に応じて非常に低いケースもあるのが特徴です。ただし審査が厳しいだけでなく、「借りる理由」についても詳しく調査される事も多いので使途不明金(あるいは使途を説明しづらいようなケース)には対応してもらえない事が多い。また通常では税金の延滞などがあると利用できない場合がほとんどです。

 

親や友人からお金を借りる方法

メリットとデメリット

もちろんメリットは「万が一返せなくてもなんとかなる」点でしょう。返す金額を待ってもらったり、相談して先延ばしにすることもできるはずです。ただし結局、迷惑がかかるのが自分の身内であり、友達であるという点が逆に大きなデメリットともなります。特に友達からまとまったお金を借りるという事はその時点で「友情はなくなった」ぐらいの気持ちを相手は持っている事を忘れないようにしましょう。

 

1万2万程度ならともかく、10万単位で借りたのなら、きちんと返したとしても、「お金を借りた」という事実=負い目は友達との間で一生消えません。また、身内に借りる事も最終的には親族間でのトラブルにつながる事も実際にはとても多いようです。

 

即日融資のポイント今すぐお金を借りたい!ポイントは3つ

◎即日融資のポイントの「まとめ」

即日融資で「実際にスグにお金を借りたい」のであれば、まず「自分が絶対に借りられる金額」を把握して申込みをすること。そして午前中の申込みがポイントです。さらにもし電話やネット上での申込み時間が少し遅れたとしたら、「夕方に契約機でカードを受け取れる」ようにしてもらいましょう。そうすれば、消費者金融のATMでカード発行をし、その場でお金を借りることも可能です。申込み時間が遅いと口座への振り込みは銀行の確認が取れるのは翌日以降になります。

 

加えて審査や手続きがスピーディーなところを選ぶのがポイントです。例えば、プロミスは申込みから審査までが簡単で時間がかからず、なおかつ審査が非常に早いので有名です。素早い対応をしてくれる「即日融資に強い」消費者金融会社を選ぶのも大切なポイントです。

 

Point1『いくらまでなら借りられる?→総量規制を念頭に置く』

銀行と消費者金融の大きな違いは「申込みから実際の融資(お金を借りるまで)までの期間」時間です。消費者金融なら「とにかくスグにお金が必要」という切羽詰まった状態でも対応してもらえます。ただし、銀行と消費者金融では大きな違いがあります。

 

  • 銀行 信用審査や収入、財産、担保等を調査した上で借入額が決まる
  • 消費者金融 総量規制(年収に対してローンや借入額の上限が決まっている)内での借入しかできない。個人では年収の3分の1以上の借入はできない。

 

自分の年収(源泉を見るとすぐにわかります)はハッキリしているわけですから、そこから借入できる金額はおのずと決まってきます。例えば年収が300万なのに「150万借りたい」といっても無理なわけです。

 

よくある「お金が借りられないケース」

条件 :男性(28歳・年収250万)

ローン:車、信販系カードのキャッシング50万、別の1社で80万程、ショッピングローン

 

このうち

  • 車のローン(銀行)
  • 信販会社のショッピングのリボ払い

は、総量規制の対象にはなりません。

 

問題は信販系クレジットカードでキャッシングしている分です。消費者金融ではなく、信販クレジットカードに付帯している「キャッシング枠」なので気軽に使ってしまいがちですが、その借入額は総量規制に含まれるので「ノンバンクに借金はない」と年収の3分の1借りようとしてもひっかかってしまいます。

 

これは法律で決まっているのでどうにもなりません。まずは自分は実際に規制上で「いくらまで借りられるのか」をおおまかに知っておきましょう。そこに収まる範囲内で「借入」の申込みをするのがポイントです。

 

Point2『嘘はすぐバレる→誠実な対応が◎』

初めて消費者金融を利用する人でも、ちょっと年収を多めに言ってしまったりすることはありがちです。こうした情報はすぐにわかってしまうので、悪気のない小さな嘘でも厳禁です。特に多いのが「他社で借りている情報」です。

 

消費者金融でも、当然、お金を借りようとしている人の信用情報は調べます。他社で借入があるか、あるいは最近「借入の申込みをしたか」という事もわかります。ここで明らかな嘘をついてしまうと、「リスクが高い人」となり、即日の申込みに対応してもらいづらくなります。より詳細に調べようとするので時間がかかってしまうわけです。細かな金額まで正しく言わなくても問題ありませんが、少なくとも他社の借入があるのならば、それは正直に申告しましょう。

 

Point3『審査は24時間対応ばかりではない→申請時間も重要』

多くの消費者金融では「手続き完了が14時で即日融資」

実は消費者金融は各会社によって「即日融資の〆切時間」が違います。14時までに全ての手続きが完了という所が多いようです。銀行の振込手続き終了時間が15時ですから、身分証明等の写メが午後2時までに届く、といったような細かい規程が各社にあります。いくら「最短1時間」となっていても、夜7時に電話して申込みをして8時には口座に入金されている、というわけにはいきません。即日融資(振込)では基本的に午前中の申請、手続きが午後の早いうちに終了していることが大切です。

 

プロミスとアコムでは指定銀行の口座があれば24時間いつでも最短振込してもらえる

ネット上での申込みに24時間対応があり、指定口座を持っていると夜中や祝日にも振込対応している会社はプロミスとアコムなどです。モビットでも対応しています。

 

オススメランキング

プロミス

プロミス
スマホから申し込みOK!最短で即日融資が可能
>>公式サイト

モビット

モビット
WEB上で完結、スピーディーな借り入れが可能
>>公式サイト

コンテンツ

すぐに借りたい(即日審査)なら

低金利でお金を借りるなら

土日にお金を借りるなら

審査が早いのは

スマホで借りるなら

今すぐ5万借りるには?

今すぐ10万借りるには?

今すぐ20万借りるには?

今すぐ30万借りるには?

今すぐ50万借りるには?

今すぐ60万借りるには?

今すぐ80万借りるには?

今すぐ100万借りるには?

ブラックで借りれる?

審査が甘い消費者金融とは?

主婦でもお金を借りられる?

フリーターでもキャッシング可能?

消費者金融の審査とは

信用情報機関って何?

総量規制ってどういうこと?

アコム

プロミス

モビット

アイフル

今すぐ3万円借りたい…

無利息の消費者金融

アコムの即日融資と審査

プロミスの申し込み~借り入れまで

モビットのWEB申し込み

アイフルでお金を借りる手順

審査なしでお金を借りられる?

キャッシングの審査内容

カードローンの在籍確認とは

キャッシング方法を比較

審査に通る通らないの違い

消費者金融の金利や利息

お金を借りた後の返済方法は?

初めてのキャッシング

キャッシング限度額・借入枠を増やすには?

消費者金融の「仮審査・一次審査」って何?

借金地獄にならない為の利息の知識

急な出費を乗り切るための方法

クレジットカードでお金を借りると損?消費者金融が優れている理由